本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.0587-32-3888

〒492-8233 愛知県稲沢市奥田町字中切前4457番地



日記


真暁の日記The diary of Shingyo −@−

               “自己研鑽”

 

先日とあるお寺での講話会に参加させて頂きました。そこでのテーマは「自己意識研鑽」ということでした。研鑽とは聞きなれない言葉ですが、辞書をひくと、[名](スル)学問などを深く究めること。「日夜―を積む」「自ら―して習得する」

ということらしいです。辞書をひいたと言っても、インターネットでものの5秒で調べております。笑えますよね。この笑えるという表現も、スマホで変換すると(笑)と、すぐに出てきます。若い子の間では、カッコも付けずに【わら】とだけメールやラインで表現することが多いようです。ちなみに、「了解です」は【りょ】とだけで表現するらしいです。面白いですね(笑)。

さて、話を戻しますと、研鑽・・・ですね。三人のいろいろな宗派の僧侶の方の講話などを聞いた後、グループディスカスを行い、皆さんからの質疑応答という流れでした。各僧侶の方はその質問に丁寧に的確に、そして真摯にお答えされていました。 

僧侶というだけで、グループディスカスの際も、わたしの話を聞くグループのメンバーの方の目が真剣になったように感じてしまいました。焦ります(笑)。

メンバーのとある方に「松本さんの研鑽についての意見期待しています!」なんて言われた始末です。その時、わたしに与えられた時間は1分という時間でした。その限られた短い時間の中で、皆さんのご期待に添うことができるのか。一所懸命に何を言おうか、考えました。何も言わない!そんな選択肢もあったかもしれません。しかし、限られた時間のなかで自分を出したい!!そんな欲が出てきます。きっと浅はかなプライドなんでしょう。そして絞り出した言葉が、以下のようになりました。

「先日、檀家さんのお宅に月命日のお参りにお邪魔しましたら、その方とのお話のなかで、『若さんの考えは日々の研鑽が伺えます。』とおっしゃって頂きました。そんなにたいそうな人間ではないです。と心からお伝えしましたし、そんなに偉そうなことを自分が何か意見を言っていたかと思うと、なんだかとても恥ずかしかったです。でも、これだけは思います。どんなものも、色や形、更にはカドが無いと研鑽なんて出来ないかなと・・・。」

ここでタイムオーバーでした。もっと丁寧に正確に思いを伝えることができたのではないか。そんな思いが込み上げてきました。これもまたわたしの欲でしかありません。

それでもわたしを含めた私たちは、今限られた環境のなかで、限られたこの時間を、一緒に生きていかなければなりません。自分の思い通りに伝わったかどうか、日々の生活の中で周りからよく思われたい。こんな事を意識してしまうのも、またわたしなんです。

それでも帰り際、グループの一人の方がわたしを呼び止めて、こうおっしゃいました。「ありがとうございました。お話を聞いて、わたしはわたしで良いんだ。って思いました。」と。 

ほんとうに救われました。 

どんなに時代や表現方法が変わっても、人は人によって救われることを忘れたくない。そう思った一日でした。

店舗イメージ

shop info.店舗情報

正本寺

〒492-8233
愛知県稲沢市奥田町字中切前4457番地
TEL.0587-32-3888
URL:http://www.shohonji.biz-web.jp/